運転免許証って、とても大切なものですよね。

自動車を運転するにはもちろん、公的な書類としての身分証明証でもあるので、これを持っていれば様々な場面で活用できる運転免許証。

しかし、今回ご紹介するのはその逆のこと。

高齢者の方々のために真剣に考える、免許証の‘’返納‘’ついての話題です。

Sponsored Link

運転免許証の返納とは?対象年齢は?

運転免許証の返納とは、言葉の意味の通り、免許証を手放すということです。

「身分証明証になるのに、どうして返納するの?」とは当然の疑問ですよね。

実はこれ、交通事故が多発している高齢運転者向けの制度なんです。

バスなどの使用で自分の運転の必要がなくなったり、「自分の体じゃあもう運転するのが怖い」、「家族が事故を起こさないか不安」、そういった理由で運転をやめる方も少なくありません。

しかし先述の通り、最も簡単な身分証明証である免許証を手放すのは、すごく不便です。

そんな方のための運転免許証の返納制度が、最近充実しているらしいですよ。

年齢制限はなく、新しい身分証明証ももらえて、しかも特典つきの県まであるんです!

運転免許証の返納の手続き方法は?

返納できる場所は、住民票に適した警察署や運転免許試験場。

年齢の制限はなしで、手続き方法は各場所にある返納手続き申請書の提出と、運転免許証のみ。

さらにここでひとつ、ポイントです。

「運転経歴証」というカードを、この返納手続きと一緒に、申請することができるのですが……

たとえ免許証を手放してしまっても、この「運転経歴証」があれば、それを身分証明として使うことができるのです!

それなら急ぎの場面ですぐに身分証明ができない、なんて不安も解消されますよね。

運転免許証を返納するとどんな特典がある?

先ほどの運転経歴証は、返納をした五年以内に申請をすれば有効です。

手数料と申請用の写真が必要になりますが、これはこれで一生涯使えて、更新の必要もない、公的な身分証明証です。

更新がないっていうところがいいですよね、この制度も特典と呼べるものではないですか?

とは言え、実際には金銭面での特典もあります。

それぞれの警察署には運転免許証の自主返納をサポートする団体があるようで、そこに加盟している後援スポンサーから、割引きがもらえるようなんです。

運転経歴証の提示だけでできる商品購入や施設利用の割引きにも、期限はないようですから、お得な気分で何度でも利用できちゃいます。

どこで利用できるかは、警察署のHPに記載されているのでチェックしてみましょう。

Sponsored Link

まとめ

最近のテレビでも、やはり高齢者の運転ミスの事件は話題になることが多いです。

それだけ、運転高齢者の事情が、皆さんの知るところになってきたということもあるでしょう。

もし大切にしたい高齢の方が、危ない運転をしてしまうようなら、免許証の返納をオススメしたってきっと怒られたりはしませんよ。

Sponsored Link