「スマートフォンの見過ぎで病気になる!?」と聞いたら皆さん、どう思いますか?

実際、「スマホ老眼」なんてワードがよく聞かれるようになりましたよね。

病気と言うのは大げさだけど、そういえば詳しいことはよく知らない、という方。

ここで簡単にご紹介しようと思います。

Sponsored Link

スマホ老眼の症状とは?

今は多くの人々がスマートフォン片手に街を行き来していますね。

SNSやゲーム、ビジネスなど、スマホの機能が広がるたびに、自然とスマホを眺める時間が増えてきています。

すると……なんだか皆さん、目が疲れてきませんか?

周囲の視界がぼやける……遠くの看板が見えづらい……ぎゅっと目をつむりたくなる……

スマホ老眼とは、名の通りスマートフォンが原因となって発症する老眼です。

その変化は、日頃感じている、何でもないことかもしれません。

でもそれはまさに老眼の症状であり、それが今、スマホ世代の10代から30代のあいだにも現れてきたというのです!

スマホ老眼になる原因、予防対策は?

老眼とは一般的に、中高年の世代に出てくる体の衰えのひとつです。

目のピントが合わなくなって、遠くのものは見えるけど近くのものは見えにくくなる、というその年齢の皆さんの悩みの種でもありますね。

この老眼が、スマホの見過ぎでも起こってしまうとはどういうことか。

その原因は、ずばり「筋肉の疲れ」です。

老眼のメカニズムとして、目には焦点を合わせるための水晶体というものがあります。

この水晶体を動かして調節する眼筋という筋肉が、焦点——ピントを合わせるために重要です。

この筋肉が衰えてピントの調節ができなくなると、老眼となってしまいます。

では、スマホ老眼の場合はどうでしょう。

スマホを使っているとき、私たちは自然とスマホの画面に見入って、小さな文字を目で追っています。

ピントを身近な場所に合わせたまま動かさずにいると、そのまま筋肉が緊張して動くにくくなってしまいます。

だからふと目を上げた時、目がくらんだり、一瞬遠くのものが見えなかったりするのですが、これがスマホ老眼と言われるものです。

‘’ピントが合わない‘’ことこそ老眼の証!

ちなみに遠視と近視は起きるメカニズムが違うので、老眼ではないそうです。

スマホ老眼、その予防対策としては、目のトレーニングをしたりひたすら目を休ませたりするのが良いようです。

目を休ませる時は木々や山の自然風景を見たり、遠くのものを見ているのが良いそうですよ。

ディスプレイの明るさも適切なものにすれば、ブルーライトが減って目への負担も減りますね。

Sponsored Link

まとめ

忙しい生活の中で、朝からスマホを使い続け、夕方頃になるとふと目がくらくらする……

このくらくらが、筋肉の緊張です。

その場の一時的なものではありますが、今後症状が悪化するとも限りません。

皆さん、たまにはスマホだけでなく、空でも見上げて歩きませんか?

また、ホットアイマスクなどで目の筋肉を解してあげることも有効な方法です。

Sponsored Link