成人式は人生に1回の大きいイベントだと思います。

女性は振袖を着るかたが大半だと思いますが、せっかくの晴れ姿を披露する日に限って雨や雪の悪天候・・・。男性は袴を着る方もいるかと思います。

雨の日にレンタル、購入をした振袖や袴を濡らしたり、汚さないようにするための対策や注意点をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

せっかくの成人式、当日に雨や雪の場合の対策は?

成人式 当日 袴 着物 振袖 雨 雪 対策 注意点

朝起きたら、大雨・・・。せっかく美容院で着付けをしてもらったのに、最悪な気分ですよね。

そんなときに役立つ対策をご紹介します。

  • 草履カバーを購入(持っている人少ないと思うけど・・・。)
    成人式 草履カバー着物屋さんや、ネットショップで購入できるので、予め持っておいて損はないです。
  • 足袋を余分に持っていく
    草履カバーを持っていても最低1つは持っていくことをオススメします。草履カバーを持っていない方は2つくらい持っていくのがベストでしょう。
  • 振袖、袴全体を隠せるサイズの傘
    大きめの傘はコンビニでも売っていると思います。ただ、雨が降っていると皆同じことを考えるので早めに購入しておきましょう。
  • 寒さ、濡れ、汚れ対策のロングコート
    着るかどうかの判断はアナタにおまかせします。実際に振袖用のコートもあるのですが、当日に準備することはさすがに無理でしょう。ダサいかもしれませんが、着用しているものは高価なものです。写真撮影の時に脱げばいいんです。一生に一度の成人式の写真に汚れた着物姿が残るのは・・・。

Sponsored Link

成人式に雨や雪の場合の注意点は?

成人式 雨 対策 予防 注意点 袴 着物 振袖

  • 歩くスピードを抑える
    雨や雪が降ると、地面の状態が悪くなるため、歩くスピードを抑えることで、雨や雪が跳ねる確率が減ります。
  • 歩く歩幅を小さくする
    歩幅を小さくすることで、泥が跳ねにくくなる、足袋に水が浸透しにくくなります。転倒する危険もあるため絶対に歩幅は小さくしましょう。
  • 泥が振袖、袴にはねたら、こすらない
    泥などの汚れが乾いていない状態でこすると、着物の繊維に汚れが浸透していまうので絶対にこすらないこと!できるだけ自然乾燥させることを意識してください。ちなみに、クリーニング屋さんは泥汚れを乾かしてから、綺麗にするようです。
    ガーゼのハンカチは吸水性が高いので、持ち合わせておくと、お顔が濡れても拭くことができるので重宝します。ホール内は人が多いので、汗もかきますよ。
  • 車で送ってもらう
    これが一番確実かもしれません。着物が濡れないのはもちろん、セットした髪型などを崩さない為には成人式開催場所までは車で行くのが確実だと思います。ホールの中に入ってしまえば濡れませんしね。

Sponsored Link