あまり知られていませんが、4月4日は”オカマの日”です。

うーむ。オカマの日といってもどんな日なのか・・・・。

という感じなので、今回はオカマの日について調査しました。

オカマの日が出来た由来や意味を理解して頂ければと思います。

また、オカマの日には釜飯を食べてお祝いするそうです。

この時点で理由はお察しかもしれませんが、釜飯を食べる理由もご紹介しますね!

Sponsored Link

4月4日がオカマの日である由来

3月3日の女の子の節句と5月5日の男の子の節句の中間の日であることから間を取って4月4日がオカマの日になりました。

ちなみに、オカマの日は、”男の娘の日”とも言うようです。

『オカマの日』自体は、何かの機関が正式に制定したものというわけではなく、新宿2丁目や大阪などのオカマの方々の間で決まったものと言われています。

“3月と5月にはお祝いはあるけれど、4月を飛び越えているのも不自然じゃない!?ここに性同一性障害を支援するグループの方たちが【オカマの日】にしよう!”

と決めたのがオカマの日の起源のようですね。

オカマの日は一般的な認知度はまだまだ低いですが、多くの方が性同一性障害のことを知るきっかけになればという願いが込められているようです。

ただ、正式に認定されているものではないので日本の祝日にはありません。

オカマの日に釜飯を食べる意味は?

3月3日の”ひな祭り”には雛あられや甘酒でお祝いをしますよね!

また、5月5日の”こどもの日”には柏餅やチマキを食べることが日本の風習となっております。

さて、4月4日のオカマの日には釜飯を食べます。

理由は単純で、「オカマ=カマ=釜→釜飯」と決まったそうです。

カマが付いているという点では、カマボコやカニカマでもいいんじゃないか・・・。と思っております。

4月4日に新宿二丁目のバーに行ったら、カマが付く名前のおつまみが出てくるかもしれませんね!

Sponsored Link

まとめ

「TSとTGを支える人々の会」という、性同一性障害を支援するグループが正式な記念日で作りました。

世の中ではイベントなどもありませんが、オカマの街で有名な新宿2丁目のバーやホストクラブでは、店ごとにイベントが行われているみたいです。

桃の節句や端午の節句のように雛人形や鯉のぼりなどを飾ったりすることがありませんが、オカマの日にはみんなで釜飯を食べてお祝いをする日です。

4月4日オカマの日の意味と釜飯を食べる意味を分かっていただけましたでしょうか。

前までは存在しなかったオカマの日も今では存在しますし、近内にもっとイベントなど、飾る人形なども作ってもらえて3月3日と5月5日と変らないように祝える日が来るのではないでしょうか。

Sponsored Link