日本でもなじみの深いミドリガメ。

ミドリガメとは愛称で、和名はミシシッピアカミミガメといいます。

飼い主としていて、飼育しているミドリガメには長生きしてほしいものですよね。

そのミドリガメの冬眠について、時期や準備するもの、餌はどうするのか疑問を調べてみました。

Sponsored Link

ミドリガメの冬眠時期はいつから~いつまで?

ミドリガメは変温動物で、外部の温度によって体温が変化するため、外気温に合わせて体温が下がると活動をやめて冬眠します。

自然界でのミドリガメの冬眠は、11月頃から3月頃までの約5か月です。

では、飼育下ではいつがいいのでしょう。

外の気温が20度より下がってきて、ミドリガメの食欲が落ちてくる10月末から11月頃が良いようです。

住んでいる地域によっても違うと思いますが、私が住んでいる北海道では10月には初雪が降るのでもう少し早くに始めたほうがいいかもしれませんね。

ミドリガメの冬眠に向けて飼い主が準備するものは?

自然界では秋になると気温が下がり、生き物たちも自然に冬眠の準備に入れますが、

飼育下の場合のミドリガメが冬眠するには、飼い主が準備をしてあげなければならないことが色々あります。

少し早めの準備としては、夏の間にたくさん食べさせて体力を付けておく必要があります。

体力がないと冬眠が失敗に終わってしまうこともあるので気を付けましょう。

10月頃から、冬眠のための住まいを準備します。

亀に冬眠してもう為の準備として最低限のものを記載します。

  • 水深30センチ以上の容器
    冬眠中のミドリガメが日光で目を覚まさないように透明なものは避けたほうが良いでしょう。
  • 落ち葉
    落ち葉は2週間ほど水に晒してあく抜きをします。
    落ち葉には保温やカメが落ち着くなどの効果があります。

あとは、あればですが、容器の底に敷く飼育用の砂も用意しましょう。

ポイントは容器の底に砂を入れてその上に落ち葉を厚めに入れることです。

水温は5度を保ち、水が凍らないように注意が必要です。

快適に冬眠してもらうためには、下準備が大切です。

ミドリガメは冬眠中に餌を食べる?

冬眠中のミドリガメは、餌を食べたりどのように過ごしているのか気になりますね。

冬は乾燥しやすいので、水が減っていないか定期的に確認が必要です。

さて、冬眠中のミドリガメは餌を食べるのでしょうか?ここは個人的にかなり気なる部分です!

冬眠の前にミドリガメは餌を食べなくなり、お腹の中のものを糞としてだして、お腹の中を空っぽにしています。

お腹に餌が残っていると、冬眠中に腐敗してしまうことがあるためです。

なので、冬眠中は餌を与える必要はありません。

あとは冬眠中の注意点としては、容器の水が減っていないか、水温は適温かを確認しながら静かにそっと見守りましょう。

冬眠中は放置してもいいのかと思いましたが、住まいの確認は必要不可欠なようです。

Sponsored Link

まとめ

ミドリガメが冬眠するには夏からの準備が必要です。

冬眠中過ごす住まいはなるべく自然な状態に近づけてあげることが

成功する秘訣のようです。

5センチ以下の子ガメは冬眠には向かないそうなので気を付けてください。

冬眠させるかさせないかは飼い主さんの判断になりますが、

どちらにするとしても、“夏場にしっかり食べて体力があるか”などしっかり飼い主さんが見極めて

責任をもって冬眠させてあげたいですね。

Sponsored Link