皆さんは、レゴブロックで遊んだことがありますか?

色とりどりのブロックを組み合わせて、建物を作ったり線路を作って電車を走らせたり。

ひとつのテーマに沿ったセットも販売されているので、本当に多くのレゴがありますよね。

そんな中、必殺兵器が登場しました。

「レゴテープ(Nimuno Loops)」と呼ばれる不思議なテープについて簡単にご紹介していきます!

Sponsored Link

レゴテープ(Nimuno Loops)とは?

レゴテープ(Nimuno Loops)はデンマーク発信のレゴブロックの公式アイテムではありません。

皆さん、「クラウドファンディング」をご存じですか?

それは自分が思いついたアイデアを実行するために、ユーザーにそれを紹介して寄付を募る、というビジネススタイルのことです。

実はこのレゴテープ(Nimuno Loops)は、デザイナーがそのクラウドファンディングに応募して実用化されたもの。

レゴテープ(Nimuno Loops)実用化への寄付金はなんと1億円以上を超えたようです。

レゴユーザーから、かなり期待されている商品であることが分かります。

仕組みとしてはテープとレゴブロックを組み合わせたもので、好きな長さに切ったテープをどこかに貼れば自由にレゴブロックを取り付けることが出来ます。

なので、床や机の上だけでなく、壁から天井、窓、黒板からお風呂の中など、様々な場所をレゴのお城や乗り物だらけにできるのです。

しかも貼って剥がせるテープなので、遊び終わったら剥がしてしまえばお子さんもお母さんも困りませんし、そのテープはまた使用できます。

柔軟性があるテープなので、波のように浮き立たせたり、自在な動きが楽しめます。

赤や青といった定番色はもちろん、紫やオレンジなどの色もあって、何を作ろうかという創造力が働くこと間違いなしのアイテムです!

レゴテープ(Nimuno Loops)の購入方法と値段は?

残念ながら、日本には輸入代理店はないようです。

購入方法としてはクラウドファンディングのひとつ、「Indiegogo」のHPへ行って、英語だらけの中でレゴテープ(Nimuno Loops)を探しましょう。

値段に関しては、日本に正確な情報が届いているわけではないのですが、お値段は1メートルで約1500円といったところ。

一巻き、1ロール毎の販売になり、たくさん買うと多少安くなったりもするみたいです。

人気が高まって大量生産されるようになれば、日本でも販売されそうですし、関税抜きならもうちょっとお安く手に入れたりできるようになるかもしれませんね。

Sponsored Link

まとめ

子供だけでなく大人も、自分の創造力を楽しめるデザイングッズ。

何もレゴブロックに使うだけでなく、スニーカーに巻いたり、テーブルに合わせて彩ったりと、遊び心の溢れる使い方ができちゃいます。

皆さんだったらこのレゴテープ(Nitoro Loops)で、どんなものを生み出すのでしょうか。