コップに付いた水垢・・・。

それを見ただけでも口にしたくない!

という方もいるのではないでしょうか。

今回は、そもそもコップに水垢が付く原因を調査してみました。

当然、付着した水垢の取り方や、水垢が付かないようにする対策方法などもご紹介していきます。

Sponsored Link

コップに水垢が付く原因は?

水垢とは、ガラス製のコップなどを水道水で洗らった後、その洗い物を自然乾燥させる事で浮き上がってくるのが水垢となります。

コップに水垢がついていると、くもって見えたりして不衛生にも見えてしまいます。

普段、家庭で使うコップは気にしませんが、来客が来たりすることもあるので、綺麗にして損は無いですよね!

また、コップが綺麗だと清潔に見え、飲み物も一層美味しく味わえますよね!

しかし、水道水には、ミネラル成分、カルシウム成分などが含まれているため、きちんと洗っていても水垢は落ちません。

コップに付いた水垢の取り方は?

水垢とは何かと分かったところで落とし方も覚えておくといいですね。

沢山の人がつけ置きなどをしがちですが、その他の方法もあります。

水垢は、アルカリ性なので酸性の物を使って落とすことが出来ます。

また水垢のレベルによって落とす方法も違ってきます。

軽い水垢の場合は家にあるもので落とせます。

どの家庭にもあるもので試す場合はお酢、レモン、ポッカレモンなどでも水垢を落とす事が可能です。

水垢のレベルがそうでもない場合

  1. ボールに水とお酢もいれます。水につけ置きします。
  2. 自然乾燥だとまた水垢が出来てしまうため、吸収性の高い布などで水分をふき取ってあげます。

水垢のレベルが酷い場合

水垢が酷い場合は、台所用漂白剤、重曹で磨く方法などがあります。

  1. 水でガラスを適量濡らします。
  2. 重曹を少々ガラスにかけてラップなどで磨いてあげます。
  3. すすぎます。
  4. 自然乾燥だとまた水垢が出来てしまうため、吸収性の高い布などで水分をふき取ってあげます。

その他に洗い物のスポンジを使い分ける方法もあります。

ガラス物用とその他の洗い物用にスポンジを分けてあげることで、余分な油などがガラスに付着することなく清潔に保てます。

その他に、歯磨き粉を布や指などにつけて、力加減を調整しながら磨いてあげる方法もあります。

水垢が一回で取り切れない事がありますので、繰り返し同じ作業をする事をおすすめします。

磨く方法でやる場合は、ラップなどツルツルした物でやることで水垢などを逃す事なく取り除きます。

ガラス物をゴシゴシして傷などを付けたくない方はつけ置きのが向いています。

コップに水垢が付かないようにする対策は?

水垢を絶対につけない!

というのは正直難しいです。

人間の目には見えなくても必ず付着してしまいます。

しかし、コップに水垢を付きにくくする対策はあります。

ポイントとしては、良くすすぎ洗剤を洗い流す、水気を良くふき取ります。

洗剤が残ってしまうとくすみやくもりの原因にもなってしまうため、

すすぎが終わってから暖かい水で仕上げで洗い流すと水切りが良くなります。

Sponsored Link

まとめ

水垢が出来る原因と水垢を落とす方法を説明してきましたが、他にも沢山の方法もあります。

まずはご家庭にあるもので試してみて下さい。

定期的に水垢を落として気分までスッキリしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link